10211

LTEデータSIM容量が大きいのはどの格安simカードか

LTEデータ容量が大きさで格安simカードの価格は決まります。
大きければ大きいほど定額料は高くなるため、どの格安simカードが自分に合っているかよく見極めることは大切です。

では、どの格安simカードがLTEデータ容量も大きいのか比較する方法はどういった方法があるのでしょうか。

例えば楽天モバイルは、3.1GB、5GB、10GBプランが存在し、それぞれ900円から2260円となっています。
10GBも使いきれずに余ってしまう場合であっても持ち越しが可能で、支払いは楽天スーパーポイントで支払い可能なのが特徴となっています。

Yモバイルは、1GB、3GB、7GBがあり、通話込みで2980円から5980円となっています。

その他、最近ではLINEも格安simに参戦してきており、月額500円からプランが存在しています。
しかも、LINEの強みはLINEの通信料がかからないという点です。

例えば、通話はLTEデータ容量内で納めるように、LINEでしか行わないなどといった使い方ができるのであれば非常にお得なデータプランと言えます。

通話を電話の品質で求めている場合はLTEではなく、通話回線を利用する必要がありますが、LTEデータ通信で通話をすることに問題がなければ、LINEモバイルもおすすめのsimカードとなります。

格安simカードを比較してどのプロバイダが良いかじっくり比較検討して、使い方や回線の品質を考慮して決めることが大切です。

尚、各MVNOの料金プランやキャンペーンは頻繁に変更されます。格安スマホ名人というサイトでは主要なMVNOのプランが随時更新されているので比較検討には重宝することでしょう。