お肌の糖化がたるみを引き起こす

ほほや目の下などがたるむ原因にお肌の糖化があります。
糖化という言葉に聞き慣れない方もいるでしょうが、近年お肌がハリを失ってしまうのはこの現象にも要因があるとされるようになりました。
若い肌は弾力があり、ピンと張って潤いもあります。
しかし、徐々にゆるんでしまい、重力に負けて下へと垂れ下がるようになります。
皮膚の薄い部分はたるみやすく、やがて顔全体が老化して老け顔になってしまいます。
お肌の老化を招く糖化を予防できれば、ほほのたるみケアにも有効でしょう。
糖化が起こるのは、糖分(グルコース)が食事などで取り込まれることで始まります。
糖が体内に入り、体を構成しているタンパク質と結合すると、タンパク質まで糖化させます。
お肌の場合、皮膚を構成しているタンパク質のコラーゲンやエラスチンと結び付いて糖化生成物(AGEs)を生成します。
糖化生成物は物の柔軟性を妨げる性質があって、溜まっていくとどんどん張りのないくすんだお肌になってしまいます。
そのため、糖化したお肌はハリがなくなって、ほほなどにたるみのある老化した状態に陥ります。
肌老化を防ぐためには、糖化が起こらないようにするのが大切です。
甘いものや炭水化物の摂り過ぎに注意し、コラーゲンを合成する機能を強化するようにしましょう。
加えて、糖分を消費するために運動も行います。
糖分をエネルギーに変えられるよう、ウォーキングをするなども効果があるようです。
たるみのないほほのためには、お肌の糖化防止も大切でしょう。

あと、たるみから引き起こされる毛穴の開き(「たるみ毛穴」と言います)は、30~40代の女性はかなり悩んでいるはずですから、糖化を意識してみてくださいね。